特定技能

特定技能制度は、国内で求められる特定の専門性や技能を持つ外国人を受け入れるための制度です。2018年に改正出入国管理法によって導入され、2019年4月から実施されています。特定技能には1号と2号の2つのカテゴリがあり、それぞれ在留期間や家族の同伴、支援の有無などが異なります。受け入れ分野は12種類あり、各分野で技能水準や日本語能力を確認するための試験が行われます。受入機関や登録支援機関は、外国人の雇用契約や生活支援に関して特定の基準や義務を守る必要があります。在留資格「特定技能」により日本で働くことを希望する外国人の方や、特定技能外国人の雇用を希望する企業・団体・個人等の方は、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

PAGE TOP